歴史と伝統

天保12年に糀屋として創業

花房商店の創業は、江戸時代後期の天保12年(1841年)。北前船の往来で賑わう但馬竹野で暖簾を掲げました。その頃は、味噌を家庭でつくる時代。各家庭には、それぞれの「手前味噌」があったといわれます。花房商店は「かうぢや」の屋号で糀の製造を始め、自家製の味噌づくり用として販売していました。良い麹づくりは花房商店の原点で、創業当時の伝統をいまも引き継いでいます。

醤油の醸造は昭和2年から

創業から86年後の昭和2年(1927年)、四代目の花房與市郎が、醤油醸造初代「花房寅造」として醤油の醸造を始めます。商号は「マルハナ醤油」。但馬の食卓で親しまれる味づくりにこだわり、大豆をそのまま使う丸大豆醤油を造ります。その後、この丸大豆醤油を使って醤油を造る再仕込み醤油も醸造。再仕込み醤油は、熟成に2年の歳月がかかり、濃厚で旨味の深い醤油に仕上がります。

さしみ醤油に地元漁師も太鼓判

昭和24年(1949年)には、さしみ醤油が誕生。きっかけは、日本海でとれる海の幸にあう醤油づくりでした。五代目の花房喜代次は、再仕込みの丸大豆醤油をもとに試行錯誤を繰り返します。そして、とろみと甘味を深くした醤油が完成。白身魚にも赤身魚にもあうと地元の漁師さんたちにも認められ、「マルハナ醤油」の看板商品となりました。刺身のほかに、冷奴やステーキにも、おススメです。

材料を厳選、全国醤油品評会受賞

時代が平成にかわると、遺伝子組み換えの食材が問題になり始め、原料の選択は大きな転機を迎えました。花房商店は、安心安全を最優先とし、材料のなかで最も重要な大豆と小麦を100%国産に切り替えることを決断しました。仕込みの塩水も、すべて、天日塩を使用。平成9年(1997年)の全国醤油品評会では、さしみ醤油が全国醤油工業協会組合連合会長賞を受賞しました。

但馬竹野浦と北前船

北前船とは、江戸時代中期から明治30年代にかけて、海運で米や海産物などを商う北国廻船のことで、日本海と瀬戸内海の諸港を経由して、北海道と大阪を結びました。但馬の竹野浦は風待ち港として、多くの北前船が行き来したといわれます。竹野では北国廻船の帆船を千石船と呼び、最盛期には67隻の船主がいました。竹野浜には、北前船の資料を展示した「北前館」があります。

有限会社 花房商店
〒669-6201 兵庫県豊岡市竹野町竹野375

TEL:0796-47-0003 / FAX:0796-47-0004

Copyright (c) 1997-2018 HANAFUSA Co.,LTD. All rights reserved.